提供サービス

当社が提供するサービス

ローデータ保有という強みとデータ分析における深い知見を生かし、製薬/医療機器企業の皆様をサポート致します。

製薬/医療機器企業の皆様をサポートするサービスを提供しています

アドホック集計

①ローデータ提供サービス

任意の疾患領域におけるローデータをご提供いたします。

属性情報 レセプト
患者 施設 レセプト 傷病 医薬品 診療行為 材料
患者ID 医療施設ID レセID レセID レセID レセID レセID
患者生年月 ベッド数 患者ID レセ種別 レセ種別 レセ種別 レセ種別
患者性別 HPGP区分 レセ種別 患者ID 患者ID 患者ID 患者ID
本人家族 診療科大分類 診療年月 診療年月 診療年月 診療年月 診療年月
観察開始年月 診療科中分類 診療科大分類 ICD10大分類コード 明細ID 実施年月日 使用年月日
観察終了年月 経営体 診療科中分類 ICD10大分類名 ATC大分類コード 明細ID 明細ID
観察終了理由フラグ 在宅療養支援診療所 診療実日数 ICD10中分類コード ATC大分類名 診療区分中分類名 大分類名称
地域医療支援病院 入院日 ICD10中分類名 ATC中分類コード 診療区分小分類名 中分類名称
がん診療連携拠点病院 退院日 ICD10小分類コード ATC中分類名 診療区分細分類名 診療点数早見表区分コード
DPC導入医療機関 点数 ICD10小分類名 ATC小分類コード 診療点数早見表区分コード 標準化材料コード
特定機能病院 ICD10細分類コード ATC小分類名 標準化診療行為ID 標準化材料名
ICD10細分類名 ATC細分類コード 標準化診療行為名 単位漢字名称
標準傷病コード ATC細分類名 回数 回数
標準病名 WHO-ATCコード 同時ID 同時ID
疑いフラグ WHO-ATC名 診療区分 診療区分
診療開始月 成分名 点数 材料価格
転帰 ブランド名
医薬品名
企画単位
後発品フラグ
処方日
1処方あたりの1日の投与量
投与量単位
1処方あたりの投与日数
投薬量
剤型大分類名
剤型中分類名
頓服フラグ
診療区分
薬価
健康診断
BMI HbA1c 喫煙
腹囲 尿糖 運動習慣
収縮期血圧 尿蛋白(定性) 食べ方1(早食い等)
拡張期血圧 血清尿酸 食べ方2(就寝前)
採血時間(食後) 血清クレアチニン 食べ方3(夜食/間食)
中性脂肪(トリグリセリド) ヘマトクリット値 食習慣
HDLコレステロール 血色素量(ヘモグロビン値) 飲酒習慣
LDLコレステロール 赤血球数 飲酒量
GOT(AST) 心電図(所見の有無) 睡眠
GPT(ALT) 眼底検査(キースワグナー分類)
γ-GT(γ-GTP) 眼底検査(シェイエ分類:H)
空腹時血糖 眼底検査(シェイエ分類:S)
随時血糖 眼底検査(SCOTT分類)
喫煙 現在、たばこを習慣的に吸っている。
(1:はい、2:いいえ)
運動習慣 1日30分以上の軽く汗をかく運動を週2回以上、1年以上実施。
(1:はい、2:いいえ)
食べ方1(早食い等) 人と比較して食べる速度が速い。
(1:速い、2:ふつう、3:遅い)
食べ方2(就寝前) 就寝前の2時間以内に夕食をとることが週に3回以上ある。
(1:はい、2:いいえ)
食べ方3(夜食/間食) 夕食後に間食(3食以外の夜食)をとることが週に3回以上ある。
(1:はい、2:いいえ)
食習慣 朝食を抜くことが週に3回以上ある。
(1:はい、2:いいえ)
飲酒習慣 お酒(清酒、焼酎、ビール、洋酒など)を飲む頻度。
(1:毎日、2:時々、3:ほとんど飲まない)
飲酒量 飲酒日の1日当たりの飲酒量。
(1:1合未満、2:1~2合未満、3:2~3合未満 、4:3合以上)
睡眠 睡眠で休養が十分とれている。
(1:はい、2:いいえ)

②データ集計サービス

リサーチクエスチョンに応じてオーダーメイドで分析を設計致します。

データ集計サービス概要

データ集計サービスの流れ

データ集計サービスの流れ

フルデータアクセスライセンス

JMDCの保険者データベース/医療機関データベースの年間フルアクセスライセンスをご提供いたします。ご契約期間中は自由にデータベースをお使い頂けます。

SCUEL データベース

オープンデータを元とした、施設ターゲティングやエリアマーケティングに特化したデータベースです。
詳細は以下をご参照ください。
https://scueldata.me/

JMDC Pro

JMDC Proとは、Googleのグループ会社の米国Looker社のBIツールをベースとして、JMDCの持つRWDに関する深い知見を活用し構築した、新しいRWD分析ツールです。

JMDC Proの概要

JMDC Proの特徴

JMDC Proの特徴

分析例 )ダイナミクス

任意の薬剤における毎月の継続/新規/追加/切替(In,out)/脱落患者シェアを分析します。自社薬剤の新患における獲得シェアや、獲得元/脱落先の薬剤を正確に把握できます。

ダイナミクス分析の例

分析例 )アドヒアランス

処方継続率や、継続中の併薬、治療脱落後の処方がわかります。
経年で比較することで、施策による効果検証も可能です。

アドヒアランス分析の例

分析例 )トリートメントフロー

処方パターンのフローを分析します。記憶に頼らない実処方ベースの分析で、自社製品の処方タイミングや併用される薬剤など、臨床現場での現象を正確に把握出来ます。

トリートメントフロー分析の例

JMDC Data Mart

JMDC Data Mart(JDM)とは

JMDC Data Martとは、JMDCデータベースとクライアントを繋ぎ、スピーディで直観的な分析を可能にするオンラインツールです。

JMDC Data Mart(JDM)の概要

JDMの特長

JMDC Data Mart(JDM)の特徴

JDMの活用場面

創薬段階から上市後まで、さまざまな場面でご活用頂けます。

主な活用場面
創薬・開発
  • 治験プロトコルのフィージビリティチェック
  • ライセンス・インに向けた市場ポテンシャル調査
マーケティング
  • 経時的な市場ダイナミクス、治療継続率の確認
マーケットアクセス
  • 市場規模や適応外処方実態など、薬価交渉や適応拡大のための市場調査
メディカルアフェアーズ
  • DB研究実施前のフィージビリティチェック
市販後調査
  • RMP作成のための市場調査
  • 経時的な安全性監視(投与量、併薬、検査実施率など)

分析事例

患者数推定や疾患別の投与日数、投与量、併薬パターンなど、網羅的な市場分析が可能です。

JMDC Data Mart(JDM)の分析事例

PRO調査

保険者加入者向けの健康ポータルサイトを通じて、リアルワールドにおけるPROデータを取得し、ヘルスデータと掛け合わせることで価値のある研究や調査を実施出来ます。

PRO調査の概要

患者調査の新たな手法として、またWebベース臨床研究の発展形としてご活用いただけます。

患者調査の新たな手法としてご活用いただけます

PRO調査のポジショニング

デジタル×医療データ×自己評価により、調査パネル以上の品質で、低コストかつ短期間で研究や調査が可能です。

PRO調査のポジショニング

例えば以下のような調査が可能です。

PRO調査で調査できること

データベース研究

リサーチクエスチョン設定におけるコンサルティングから解析まで、データベース研究にかかる業務をトータルにサポートいたします。

DB研究で求められるもの JMDC
リサーチクエスチョンの設定・相談
データベース選定
さまざまなデータベースの利用環境
コンセプトシート作成
プロトコール作成
解析計画書作成
統計解析業務
Study Report
学会発表
論文化
KOL-MTGの運営等 準備中

※他社データやWEB調査等を活用した研究も実施可能ですので、ご相談ください。

※一部外注となります。

受託した場合の成果物例

成果物(例) 業務内容
Feasibility調査および研究相談 RQに応じて、実現可能性の確認(DB購入前)
研究計画作成前の相談
コンセプトシート 研究企画時のコンセプトシートの作成
研究計画書 コンセプトシートに基づき、研究計画案の作成
解析計画書 研究計画に基づき、解析計画書を作成
出力計画書 研究計画、解析計画に基づき、出力計画書を作成
解析用データセット構造定義書
解析用データセット
自社で解析を実施する場合等において、作成提供
解析業務(出力結果) 解析業務
解析報告書 解析終了時に解析報告書を作成
QC記録 解析業務のQC記録書の作成
CSR(研究報告書) 研究報告書の作成
パブリケーション業務 論文作成や学会発表資料の作成

※ご契約内容により成果物は異なります。

JMDCの解析チームで受託した論文

タイトル 媒体
Prevalence, disease burden, and treatment reality of patients with severe, uncontrolled asthma in Japan. Allergology International.2019.pii:S1323-8930(19)30077-2.
doi:10.1016/j.alit.2019.06.003.
Burden of Herpes Zoster in the Japanese Population with Immunocompromised/Chronic Disease Conditions:Results from a Cohort Study Claims Database from 2005-2014. Dermatology and Therapy 2019;9(1):117-133
The Prevalence, Characteristics, and Patient Burden of Severe Asthma Determined by Using a Japan Health Care Claims Database. Clinical Therapeutic 2019.pii: S0149-2918(19)30418-7.
Disease severity and economic burden in Japanese patients with systemic lupus erythematosus: A retrospective, observational study. International Journal of Rheumatic Diseases2018;21(8):1609-1618
Risk of herpes zoster in the Japanese population with immunocompromising and chronic disease conditions: Results from a claims database cohort study, from 2005 to 2014 The Journal of Dermatology.2020.Mar;47(3):236-244.
Patients with Asthma Prescribed Once-Daily Fluticasone Furoate/Vilanter ol or Twice-Daily Fluticasone Propionate/Salmeterol as Maintenance Treatment: Analysis from a Claims Database. Pulmonary Therapy2018;4(2):135‒147
Impact of body mass index and metabolic phenotypes on coronary artery disease according to glucose tolerance status. Diabetes & Metabolism 2017;43(6):543-546
Impact of glucose tolerance status on the development of coronary artery disease among working-age men. Diabetes & Metabolism 2017;43(3):261-264
Treatment Patterns and Health Care Costs for Age-Related Macular Degeneration in Japan:An Analysis of National Insurance Claims Data. Ophthalmology 2016;123(6):1263-8
Association Between Severe Hypoglycemia and Cardiovascular Disease Risk in Japanese Patients With Type 2 Diabetes. Journal of the American Heart Association 2016;9;5(3):e002875.
Adherence to dipeptidyl peptidase-4 inhibitor therapy among type 2 diabetes patients with employer-sponsored health insurance in Japan Journal of diabetes investigation 2016;7(5):737‒743
Short-term impacts of sodium/glucose co-transporter 2 inhibitors in Japanese clinical practice:considerations for their appropriate use to avoid serious adverse events Expert Opinion on Drug Safety 2015;4(6):795-800
Use of the Japanese health insurance claims database to assess the risk of acute pancreatitis in patients with diabetes: comparison of DPP-4 inhibitors witho ther oral antidiabetic drugs. Diabetes,Obesity and Metabolism 2015;17(4):430-4
Intussusception in Japanese infants: Analysis of health insurance claims database Open Journal of Pediatrics 2013;3(4):311-316

製造販売後データベース調査

製造販売後データベース調査に対応したデータベースを構築しています。
体制・手順等も整備をしていますので、利活用の可能性がある場合はご相談ください。

コンサルティング

JMDCはデータの専門家として、企業が様々なデータのポテンシャルを最大限活かしていただくサポートとして、コンサルティングサービスを提供しております。

コンサルティングサービスの概要

JMDCコンサルティングの強み

JMDCコンサルティングは、ローデータ保有、データ分析における深い知見、戦略コンサルや機械学習エンジニアといった多彩な人材、という強みを持っています。

JMDCコンサルティングの強み

サポート例

JMDCコンサルティングサービスのサポート例