10/20開催オンラインセミナー
「1,000万人データが変える、希少疾患の未来」
のお知らせ

株式会社JMDCは、2021年10月20日(水)に「1,000万人データが変える、希少疾患の未来」をテーマにオンラインセミナーを開催いたします。

約7,000種類が存在するが95%は未だ治療薬が存在しない、と言われている希少疾患。製薬企業でもこれらに関する調査が活発的に行われていると理解しています。
しかし患者数の少なさ故に「マンパワーをかけて情報収集を行っても十分な成果の刈り取りが出来ない」と苦戦することはありませんでしょうか?
実は希少疾病こそがリアルワールドデータ(RWD)が価値を十分に発揮できる疾患なのです。

今回はWebinarをご視聴いただいた皆さんがその日から早速RWDを活用した調査ができるよう、希少疾病こそがRWDを活用すべき疾患である理由をご説明しつつ、さらに実際に活用する上ではどのようなデータを選択すべきかもわかりやすくご紹介します。

■開催日時:2021年10月20日(水) 15:00-16:00

第31回 JMDC Webinar

テーマ:1,000万人データが変える、希少疾患の未来

演題:希少疾患におけるRWDの可能性
株式会社JMDC製薬本部コンサルティング部  松﨑 達哉、早川 叶

会費:無料
対象:製薬または医療機器等の会社に所属されている方

詳細・お申込みはこちらよりご確認ください。