COOに聞く!Vol.8 希少疾患だからこそのデータ活用 

近年は希少疾患に対する新薬のローンチが毎年続いていて、その中で疾患自体の認知もどんどん高まっている印象です。しかしながら希少疾患という言葉の定義通り、その疾患の患者さんは数少なく、まだまだ病態や患者さんの抱えるペインなど … “COOに聞く!Vol.8 希少疾患だからこそのデータ活用 ”の続きを読む

COOに聞く!Vol.7 RWDが製薬企業の経営に与えるインパクト

もう製薬企業で、RWDを使っていないところはないと言っても過言ではないほどにRWDの活用は製薬業界に浸透してきたと思います。一方で、RWD活用度合いとしては企業によって大きくばらついておりまだまだ活用の余地のある企業が多 … “COOに聞く!Vol.7 RWDが製薬企業の経営に与えるインパクト”の続きを読む

COOに聞く!Vol.6 ”ペイシェントジャーニー”の考え方

多くの製薬企業で、”医師中心の”から”患者中心の”への転換が議論されるようになってきました。その中でも、患者側からみたときの疾患や受診に関連した体験を表す、”ペ … “COOに聞く!Vol.6 ”ペイシェントジャーニー”の考え方”の続きを読む

COOに聞く!Vol.5 RWDを活用できる組織作り

近年ではRWDを活用されていない製薬企業はない、といえるほどにRWDが浸透してきました。その中で各社ともにRWDを深く広く利用するためにという目的で、専門の組織や部署を立ち上げられるところが増えてきております。今回のコラ … “COOに聞く!Vol.5 RWDを活用できる組織作り”の続きを読む

COOに聞く!Vol.4 機械学習とレセプトと

レセプトデータももちろんデータですので機械学習に用いることができます。ただ、機械学習することを目的としてデータを分析すると、興味深いけれども活用する機会があまりないアルゴリズムができてしまいますが、なんらかの課題を解決し … “COOに聞く!Vol.4 機械学習とレセプトと”の続きを読む

COOに聞く!Vol.3 RWDによる治験2.0

レセプトデータは、活用方法を工夫すれば、プロトコールの精緻化や施設選定のバリデーションなど、治験においても役立てることができます。開発の対象がより希少な疾患になって、治験の設計の難易度が上がる中では、今後データの活用は欠 … “COOに聞く!Vol.3 RWDによる治験2.0″の続きを読む

COOに聞く!Vol.2 オンコロジー領域におけるレセプト定義の難しさ

近年オンコロジー領域における新薬の開発、上市が盛んになってきている中で、弊社で癌関連の様々な分析をご依頼いただいております。それに伴い、製薬会社様側で行った医師アンケートの結果とレセプト分析の結果が大きくずれることがある … “COOに聞く!Vol.2 オンコロジー領域におけるレセプト定義の難しさ”の続きを読む

第1回コンサルコラム:COOに聞く!(新事業)RWDを用いたコンサルティングサービス始めました

JMDCは製薬会社の皆様にRWDを分析ツールやローデータという形で10年以上提供しておりますが、その中で製薬会社の皆様よりさまざまなご依頼やお悩みもいただくことがあります。それに応えるべく、RWDを用いたコンサルを行う専 … “第1回コンサルコラム:COOに聞く!(新事業)RWDを用いたコンサルティングサービス始めました”の続きを読む